仙台市家庭ゴミ処分

仙台市の家庭ゴミ処分方法について、仙台市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ゴミ情報を提供されています。
仙台市ホームページの中から、家庭ゴミやリサイクルのページを探し、仙台市の家庭ゴミ処分方法を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

家庭ゴミ処分のことなら

 

 

スポンサード リンク

 

平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルも始まりました。
パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律では対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。
お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう。

ゴミ処分イラスト

仙台市家庭ゴミの主な品目の紹介

仙台市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような項目で家庭ゴミの分別・出し方が紹介されています。

 

家庭ゴミ 仙台市のゴミの出し方
■仙台市家庭ゴミ処分方法主な内容の紹介
家庭ゴミ処分方法
収集日当日の、早朝から朝8時30分までに、決められた集積所に出してください。
収集日の前の日や夜、集めた後は出さないでください。集積所が汚れたり悪臭の原因になります。

 

週2回収集(祝日も収集します)
※年末年始の収集は原則お休みです。(収集日は別途お知らせします)

 

家庭ゴミの日に出すものは
「プラスチック製容器包装、缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類、紙類」以外のもので、一番長い部分がおおむね30cm以下のものです。
※燃やせるゴミ、燃やせないゴミの区別はありません。
※迷ったら五十音で引くワケ方事典をご覧ください。
※一番長い部分がおおむね30cmを超える場合は粗大ゴミへ出してください。
※多量に出す場合は臨時ゴミとしてお申し込みください。
※「市で収集しないもの」は出せません。

 

1回に出せる重さ(容量)
10kg(45リットル)以下(大サイズの袋程度)です。

 

家庭ゴミ処分方法
家庭ゴミ指定袋(有料)に入れて口をしばって出してください。

 

仙台市では、ゴミ処理費用の一部をご負担いただく、有料化を実施しております。指定袋の価格にはゴミ処理費用が含まれており、指定袋を購入することでゴミ処理費用を支払うことになります。

 

※家庭ゴミ指定袋以外では出せません。レジ袋では出せませんので、ご注意ください。(レジ袋を内袋として使うことはできます。)
※フタ付きのポリバケツ・コンテナボックスを使用する場合でも、家庭ゴミ指定袋を使用してください。

 

ライター
中のガスを使いきって、水に浸してから出してください。
※使い切れない場合の処理方法は、(社)日本喫煙具協会ホームページで確認できます。

 

リサイクルできない紙類
紙コップ、においのついた紙、写真、感熱紙、裏カーボン紙など
※リサイクルできるものは、紙類へ出してください。

 

衣類・布類
綿入りの衣類や雨具など
※リサイクルできるものは、集団資源回収や資源回収庫などをご利用ください。(布類のリサイクルについて詳しくは、ワケルネット(別ウィンドウで開きます)をご覧ください)

 

割れ物・鋭利なもの
(ガラス、鏡、電球、刃物、竹串、割れたびん、せともの、皿、コップ、植木鉢など)
1.厚い紙などでしっかり包んで、
2.家庭ゴミ指定袋に入れて、
3.家庭ゴミ指定袋に「危険」と見えるように書いて出してください。
図解/割れもの・鋭利なものの出し方

 

点滴用パックなどの出し方
在宅医療の廃棄物
注射針(ペン型・自己注射器を含む)等の鋭利なものは、かかりつけの医療関係機関などに処理を依頼してください。

 

パックやチューブ類は、ビニール袋などで密封して、家庭ゴミ指定袋へ入れてください。

 

庭の木の枝
家庭ゴミ指定袋に入れ難いせん定枝については、直径は30cm以内、長さは80cm以内の束にして出していただく場合に限り、家庭ゴミ指定袋は不要です。(1回につき1束まで)
※多量に出す場合は臨時ゴミとしてお申し込みください。
※木材などは対象になりません。

 

■詳しくは…仙台市ホームページ > 住みよい街に > ゴミ・リサイクル > ゴミの処理のページをご覧下さい。

 

 

ソファーイラスト

 

 

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

 

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

 

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

 

家庭ゴミ処分方法は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。